占いどっとなび

占いの種類C

占いの種類について紹介します。

 
  お神籤(おみくじ)
神社・仏閣等で吉凶を占うために引く籤のこと。神託形式の占いで、方式としてはボタンを押したりコインを投入したら勝手に1枚出てくるもの、箱の中から自分で1個取り出すもの、巫女さんが竹の棒がたくさん入った筒を振り、そこから1本飛び出した竹に書かれた番号に対応する紙を渡すもの、といった方式が存在します。
 
  阿弥陀籤(あみだくじ)
あみだくじとは、線のはしに当たりはずれなどを書いて隠し、各自が引き当てるくじのこと。現在は、平行線の間に横線を入れ、はしご状にすることが多い。もともとは、人数分の線を引き、一端にそれぞれ異なる金額を書いて隠し、各自が引き当てた金額を出させ、集めた金で茶菓子などを買い、平等に分配する仕組みだった。現在では、用途は広がっており、何かの順番を決めたり、何かで言い争った場合に○を引き当てた方が勝ちとしたりして、幅広く利用されています。占いと言うよりはくじ引きの要素が強い手段です。
 
  辻占い(辻占、つじうら)
街角に立ち、通行人の会話を聞いて占います。橋占いの同類で、道占、夕占とも呼ばれています。西洋でもクレドニスマンティアと呼ばれて行われている占いです。

  花びら占い
花ビラを取りながら、好き・嫌い・好き・嫌い・・・ と花びらが無くなるまでやっていく占いです。最後にちぎった花ビラが「好き」か「嫌い」かで相手がその人のことをどう思っているかを判断します。ですが、最後に1枚花びらを残した状態で最後に唱えたのが「好き」か「嫌い」かで判断するという流儀もあるんだそうです。

 
  姓名判断
姓名判断(せいめいはんだん)とは、人の姓名からその人の性格や人生の趨勢、適職、恋愛の傾向、結婚運・家庭運、かかりやすい病気など、一般に運勢として総称される事柄について解釈を与える占いの手法の一つになります。一般的に、人の姓名の字の画数から5つの格数を算出し、それらに与えられた伝統的・経験的な解釈に基づいて解釈を行う。また、生年月日(人物の持つ本来の性質・役割)と、姓名の陰陽二気(身体的調和)、および姓名が発音されるときの音を五行に対応させた際の調和、八卦・九星などの数理との関係、姓名を文として解釈するところの意味などを考慮して、総合的な鑑定を示すことが多いのが特徴です。

  手相占い
手相(てそう)は、手の平に刻まれた線(掌線)や丘、爪の状態により、その人の運勢や才能資質、健康状態の良否を判断する占いの一種にあたります。特殊な才能を必要としないので、資料を観ながら霊感・第六感の働かない一般人にも占うことができます。駅前等で「手相を見せてください」といいながら言い寄ってくる人に出会うことがありますが、大抵が宗教(統一教会など)や怪しいサークルへの勧誘なので注意しましょう^^;なお、手相鑑定を本格的に行うと一人1時間以上はかかる事もあるんだそうです。
     
  人相占い
人相占い(にんそううらない)とは顔相、骨相、体相など、人体のつくりから性格や生涯の運勢を割り出す占いの一種にあたります。現在は人相といえば、ほとんどが顔相のことを指しています。顔相といっても顔のつくりだけを見るのではなく、表情、眼鏡のかけ方、化粧まで見ますが、ヘアースタイルを見ることは少ないんだそうです。大きな意味で、その人、そのものを見ると言っても過言ではありません。

  印相占い(印鑑占い)
印鑑の印影デザインを印相と呼び、占いの対象とする場合があります。左右対称の文字配列は不吉とされ、また長く使っていると欠損箇所が生じるので、その出方で占います。
 
  名刺相占い
占い相の一つで、ビジネスマンが日々使う名刺の相によって占うもの。仕事運に大きな影響を及ぼすことがらを占います。

  夢占い
夢の内容に、見えない世界や無意識領域からの意味のあるメッセージが隠されているということを前提に、夢に出てきたものや状況を元に、現在の心理状態や近い未来に起こる出来事などを判断する作業のことをいいます。

  風 水
風水は、古代中国の思想で、都市、住居、建物、墓などの位置の吉凶禍福を決定するために用いられてきた、気の流れを物の位置で制御する思想のことをいいます。「堪輿(かんよ)」とも呼ばれています。風水では都市や住居(すなわち生者の居住空間)を「陽宅(ようたく)」、墳墓(すなわち死者の居住空間)を「陰宅(いんたく)」と呼んで区別しています。そのよろしきを得れば、死者は永く幸を受け、生者はその子孫繁栄するといわれています。古代からの相宅や相墓といった占いの技術が陰陽五行説に基づきつつ総合されて成立しました。 風水は大別すると、(1)「巒頭(らんとう)」と(2)「理気(りき)」とに区別できる。 (1)巒頭は、その土地の気の勢いや質を地形等の形成を目で見える有形のもので判断する方法であり、形法、形勢派、巒体派などとも呼ばれます。一方、(2)理気は陰陽五行や八卦、易理(易)、方位など目に見えないもので判断する方法であり、理法、理気派、屋宅派などとも呼ばれています。ちなみに、現代科学における風水は、地磁気と人との関係を追究しているんだそうです。

  家 相
家の吉凶を観る占いのことを言います。家が建っている土地の環境・方位・土質などから、家の向き、形、部屋の間取り、玄関の向き、窓の取り方、植木の植え方、池の作り方、などなど多岐にわたる理論が構築されています。 通常「家相」という場合は伝統的な九星理論をベースにする或いは援用したものをいい、中国伝来の風水理論とは区別されています。

  電話占い
最近雑誌などで取り上げられる事が多くなった、電話占いについて紹介します。電話占いなら顔を合わせる心配がないので、プライバシーが保たれるのと家にいたり、時間の空いたときなどに利用できます。でも逆に怪しい感じもしますが霊感が強い人も多く居るらしいので、ホームページや雑誌、本を見て占い師を選んでみてはどうでしょう?きっと電話占いで悩み解決してくれます。

注目サイト

ビーズ 卸

京都 神社 結婚式

2017/9/29 更新