占いどっとなび

占いの種類@

占いの種類について紹介します。

  誕生日占い
その人の運命に影響力を持つと信じられ、生まれた日付で鑑定する占いのことを誕生日占いと言います。『秘数術』や『宿曜占星術』、『陰陽五行斗数占い』、『12星座占い』、そして『四柱推命占い』や『動物占い』など多くの占いの基礎になっている占いにあたります。

  四柱推命(子平推命/八字)
四柱推命は中国の長い歴史に培われた運命を推し測る占いです。誕生時の干支を年柱、月柱、日柱、時柱という4つの柱で分析し占うことに由来して四柱推命と呼ばれます。干支というのは、十干(甲乙丙丁戊己庚辛壬癸)と十二支(子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥)を意味しますが、この四柱推命は、占う日の十干十二支と生まれ月からその日の運勢を占う、新しい四柱推命です。基本的には、地球を含めた宇宙が五行(葵・日・土・金・水)で構成されたものとする考えから生み出された運命学といえます。

  紫微斗数
太陰太陽暦をもとにした占術。主に生年月日時から個人の特性や巡ってくる運勢を占います。配置は異なっていますが、西洋占星術のハウスと同じ概念の十二宮に暦から算出される星を配置し、その星の吉凶象意から占います。星の配置にあたっては、天体の実際の位置は考慮されない場合もあります。紫微斗数では多くの星を使用して占いますがが、その中で重視される星のほとんどが実際の天体に起源を持っていると考えて良いものだそうです。


  星座占い
太陽暦であるグレゴリオ暦では、誕生日さえ判れば太陽の位置も判るため、簡便な占いとして、急速に普及しました。また、星座占いの占い師の中には、月星座占い(誕生時に月がどこの十二宮にあったかで占うもの。自分の「星座」とは必ずしも合致しない)を駆使し、ホロスコープ(天球図)を作り、さらに細かく占うという方法をとる占い師も存在しています。

  占星術
太陽系内の太陽・月・惑星・小惑星などの天体の位置や動きなどと人間・社会のあり方を経験的に結びつけて占います。古代バビロニアを発祥とするとされ、ギリシア・インド・アラブ・ヨーロッパで発展した西洋占星術・インド占星術と、中国など東アジアで発展した東洋占星術に大別することができます。

  西洋占星術(ホロスコープ)
西洋諸国で発達してきた占星術の体系です。ヘレニズム時代に成立した体系が基礎となっていて、一般的にはホロスコープを用いります。占う対象に影響を及ぼすとされる諸天体が、出生時などの正確な時間にどの位置にあるかをホロスコープに描き出し、それを解釈する形で占います。近代になって一般に広まったサン・サイン占星術では、太陽のあるサインを基にして占います。ちなみに、日本の雑誌やテレビなどでよく見かける十二星座を基にした星座占いは、これを通俗化したものなんだそうです。

  数秘術
西洋占星術や易学等と並ぶ占術の一つにあたり、ピタゴラス式やカバラ等が有名で「数秘学」とも言います。一般的な占術の方法は「命術」で、占う対象の生年月日(西暦)や姓名などから、固有の計算式に基づいて運勢傾向や先天的な宿命を占う方法なんだそうです。

  九星気学
生れた年月日の九星と五行を組合わせた占術のことをいいます。方位の吉凶を知るために使われることが多いとのこと。九星術を元に明治42年に園田真次郎が気学としてまとめたもので、それ以前の九星術と合わせて九星・気学と総称されました。生年月日によって定まる九星と十二支と、方位の吉凶を知りたい日の九星と十二支を元に占います。

  算命学
中国に発祥した干支暦をもとに、年と月と日の干支を出して、人の運命を占う中国占星術、中国陰陽五行を土台とした運命学の一流派であり、日本で生み出された占いです。算命術とも呼ばれています。なお、中国で算命という言葉は「運命を算出する」を意味しており、占術全般を指す用語を示します。


recommend

原宿 美容室 メンズ
http://beauty.hotpepper.jp/slnH000111524/
結婚式場を名古屋で探す
http://www.dubonnet.jp/

2017/4/13 更新